2019年01月27日

「地球温暖化問題の元凶国は新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA)だ ❣ 」というお話 ❣



テキサス州の石油開発!ここ をクリック 👀 )に記載の通り、





アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )は、元々産油国 である ❣












また、





上記の YouTube動画「教材 フォード・システム」を見ると、





現在の地球温暖化問題の元凶国は、





新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )である事実明確に理解できる ❣







現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )に於いて、自動車の大量生産が始まった ❣





それだけでなく、起業家であり、発明家でもある、フォードが、フォード社の従業員に高給を支払ったことから、





フォード社の従業員が、フォード車の顧客となった ❣





これに拠り、





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )に於いて、自動車の大量消費も始まった ❣







これだけでなく、





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )で、大規模な油田が見つかったことで、





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )では、ガソリンが安かった ❣





この結果、





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )では、燃費が悪い大きな乗用車が、生産され、燃費が悪い大きな乗用車が、普及した ❣





アメ車と言うと、燃費が悪く バカでかい車両を思い浮かべるが、





アメ車が、燃費が悪く バカでかい車両になった理由は、





テキサス州の石油開発!ここ をクリック 👀 )、





或は、





上記の YouTube動画「教材 フォード・システム」にある通り、







アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )が、世界最大級の産油国 であったためである ❣





その上、





アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )は、世界最大級の産油国 であったにも拘らず、





アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )は、自国産の石油だけでは、自国の石油の需要を賄いきれない為





世界中から石油を輸入する石油の輸入国であった ❣












上記に記載の事実から解る通り、





新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )こそが、





現在の地球温暖化問題の元凶国 である ❣







従って、





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )には、





現在の地球温暖化問題の元凶国 として、





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )が、





20世紀中に、大気中にバラ撒き続けた、二酸化炭素を削減して、地中に固定する義務を課すことこそ、フェアな国際条約である ❣







だが、





稚拙な科学技術力 しか持たぬ、





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )が、





20世紀中に、大気中にバラ撒き続けた、二酸化炭素を削減して、地中に固定する義務を果たすことなど不可能であるから、





世界は、





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )が、





20世紀中に、大気中にバラ撒き続けた、二酸化炭素を削減して、地中に固定する、義務を棚上げにして





パリ協定に合意した ❣







ところが、





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )の、新大統領に就任した、





トランプ の ジョーカー は、





パリ協定からの離脱を宣言した だけでなく、





21世紀に於いても





シェールオイル 、シェールガス を 産出して





大気中に二酸化炭素をバラ撒き続けることが認められる 新たな国際条約の締結を目指す ❣





と、ほざく ❣










これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )を






パリ協定に残留させ続けること





地球温暖化問題の解決を、永久に放棄することである ❣







パリ協定の加盟国は、





これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )の、パリ協定からの離脱承認するだけでなく





パリ協定に、





「パリ協定からの離脱を宣言した国については、





パリ協定への復帰を認めない。」





と言う規約制定して、





これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )を、永久に パリ協定から追放すべし ❣





続いて、





地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を盗み出そうと謀って、





地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明の発明者である、私が、





ヤマダ電機で購入した、東芝製のノートパソコンにウィルスを仕込んだ、





これが、ブラック企業 である、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 だ ❣





これ程、卑劣極まりない、ブラック企業 である、極悪犯罪企業 三菱重工 の 犯罪者 佃和夫 は、/span>





不当解雇した、私の原付の駐輪を妨害する為に、





駐輪場の通路に、オートバイ「広島Cき 42-20」を違法駐輪させた ❣










駐輪場の通路に、オートバイを駐輪するって、バカが何処にいる訳❓










これ程、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 の何処をどう見て、如何に解釈すると、





これ程、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 が、





「矜持と言う言葉を大切にしています。」(ここ をクリック 👀 )





と、ほざくのか❓





これ程、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 の、





犯罪者養成校 修道高校 の後輩であるだけでなく、





バカとブスこそ東大に行け❣のバカとブスの吹き溜まり、東大 の後輩でもある、





山下江弁護士 であれば、





これ程、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 の何処をどう見て、如何に解釈すると、





これ程、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 が、





「矜持と言う言葉を大切にしています。」(ここ をクリック 👀 )





と、ほざくのか❓





その理由を、





地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私が、





納得できるまで、





論理的且つ合理的に説明してくれるのですよネ ❣





だから、





トットと、










オートバイ「広島Cき42-20」の所有者の代理人となって、





これ程、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 に、





不当解雇されただけでなく、





就労妨害されて、





無収入になったことから、





自宅が競売になった、










地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私を、










訴えて来なさい ❣










そして、





その裁判の中で、





これ程、心が貧しく、卑劣極まりない、恥知らずの、犯罪者 佃和夫 が、





「矜持と言う言葉を大切にしています。」(ここ をクリック 👀 )





と、ほざく、理由について、





地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私が、





納得できるまで、





論理的且つ合理的に 説明しなさい ❣















これ程、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 の、





犯罪者養成校 修道高校 の後輩であるだけでなく、










バカとブスこそ東大に行け❣のバカとブスの吹き溜まり、東大 の後輩でもある、










山下江弁護士 は、





時計の針が、右回りである事実について、





論理的且つ合理的に説明できますか❓





時計の針が、右回りである理由は、





機械式時計が、地球の北半球で、発明されたからです。





時計の始まりは、日時計です。










地球の北半球の日時計の針である、棒の影は、右回り回る。





機械式時計は、





地球の北半球で、発明されたので、





機械式時計の針は、





地球の北半球の日時計と同じように、










右回りに決まった ❣





時計の歴史 機械式時計の出現 は ここ をクリック 👀











上記の記事「時計の歴史 機械式時計の出現」にある通り、機械式時計はヨーロッパで生まれた ❣





ヨーロッパは、地球の北半球にある ❣





時計の針が、右回りである事実について、





論理的且つ合理的に説明出来たでしょ ❣





この様に、





これ程、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 の、





犯罪者養成校 修道高校 の後輩であるだけでなく、





バカとブスこそ東大に行け❣のバカとブスの吹き溜まり、東大 の後輩でもある、





山下江弁護士 であれば、





これ程、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 が、





「矜持と言う言葉を大切にしています。」と、ほざく理由について、





地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私が、





納得できるまで





論理的且つ合理的に 説明してくれますよネ ❣





だから、





トットと、





私の原付の駐輪を妨害する為に、





私の原付の駐輪場所前の通路に、





オートバイ「広島Cき42-20」を、違法駐輪した、大馬鹿野郎の代理人となって、










これ程、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 に、





不当解雇されただけでなく、





就労妨害されて、





無収入になったことから、





自宅が競売になった





地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私を、





訴えて来なさい ❣





そして、





その裁判に於いて、










不当解雇以降、現在に至るまでの間





未払い給与の支払い





未貸与である健康保険証福利厚生施設の利用権利の付与





更に、年金の未払込等々に於ける





法治国家の法に則った、処理について、





これ程、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 に、





不当解雇されただけでなく





就労妨害されて





無収入になったことから、





自宅が競売になった










地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私が、





納得できるまで





回答してくれるのですよネ ❣





また、





これ程、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 は、





地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私を、










残飯を与えて飼育している収賄組織広島県警不当逮捕させた ❣










この事実に対する、慰謝料の支払いは、










如何に実施するのか❓





自宅が競売になる事態に追い込んだ、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 に、










自宅が競売になる事態に追い込んだ、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 に、





慰謝料を払わせるのでしょ ❣❓





これ程、卑劣で悪辣極まりない、恥知らずな、犯罪者 佃和夫 が、





地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私に対して、繰り広げた、犯罪の数々に対する慰謝料の支払いを如何に 行うのか❓





これでも、





私の力が理解でき無いのであれば、





現在の地球温暖化問題の元凶国である、





新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USAトランプ の ジョーカー を、





この裁判に引きずり出して、





現在の地球温暖化問題の元凶国として、課されるべき義務を棚上げにして、世界中が合意したパリ協定からの離脱を宣言しただけでなく、





21世紀に於いても、





シェールオイル 、シェールガス を産出して、





大気中に二酸化炭素をバラ撒き続ける権利が認められる新たな国際条約の締結を目指す。」





と、ほざく程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USAの、





アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、主張を徹底的に断罪するのですよネ ❣










何故、





新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USAの 軍隊が「トモダチ作戦」を実施したのだと思いますか❓










現在の地球温暖化問題の元凶国であるにも拘らず、現在の地球温暖化問題の元凶国として負うべき義務を棚上げにして世界中が合意したパリ協定は、

現在の地球温暖化問題の元凶国である、現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )にとって、フェアな内容では無いので、パリ協定からの離脱を宣言しただけでなく、



21世紀に於いても、



パリ協定からの離脱を宣言した だけでなく、





21世紀に於いても





シェールオイルシェールガス産出して





大気中に二酸化炭素をバラ撒き続けることが認められる 新たな国際条約の締結を目指す ❣





と、ほざいた ❣








これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、



現在の地球温暖化問題の元凶国である、現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )を、パリ協定に残留させ続けることは、



地球温暖化問題の解決を放棄することである ❣



パリ協定の加盟国は、



現在の地球温暖化問題の元凶国である、現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )の、パリ協定からの離脱を承認するだけでなく、



パリ協定の規約に、



「パリ協定からの離脱を宣言した国については、パリ協定への再加盟を認めない。」



「パリ協定からの離脱を宣言した国に係わる如何なる組織、団体、個人についての、パリ協定への残留を認めない。」



と言う規約を制定して、



現在の地球温暖化問題の元凶国である、現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )を、



永久に、



パリ協定から、追放すべし ❣



パリ協定の規約に、



「パリ協定の実現を妨害する、企業、組織、個人を断罪しない国については、パリ協定から、永久追放する。」



と言う規約を制定して、



「地球温暖化問題の解決策(大気中の二酸化炭素の削減方法)」と言う大発明の特許出願を妨害し続ける、



これが、ブラック企業である、極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 を、永久に、刑務所にブチ込むことを、



日本政府に要求すべし ❣



更に、



ジコチュー精神に満ち満ちた、



朝鮮半島の国々も



国際社旗から永久追放にすべし ❣



鯨油が必要な時には、日本近海で、捕鯨を繰り返しておきながら、



鯨油が不要になると、



国際捕鯨委員会で、



「捕鯨禁止」決議を策略しながら、



自国民である、イヌイットは、「昔から捕鯨を生業としており、昔から捕鯨を生業とする国には捕鯨の権利があると、主張する」ダブルスタンダードを繰り返す国、並びにこのダブルスタンダードに同調して、



現在の地球温暖化問題の元凶国である、現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )が、



国際捕鯨委員会で、裏工作を行って、



出させた「沿岸捕鯨再開の議長提案」に反対して、



現在の地球温暖化問題の元凶国である、現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )が、



国際捕鯨委員会で、裏工作を行って、



出させた「沿岸捕鯨再開の議長提案」を、潰しておきながら、



自国民が、サメ被害に遭う事件が多発すると、



「捕鯨再開」を、主張し始める、オーストラリア ❣



この、オーストラリアは、



私から送られた、論理的且つ合理的な、メールに対抗しきれずに、



現在の地球温暖化問題の元凶国である、現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )が、



自国内にあった、シーシェパードの本部を叩き潰すと、



シーシェパードの本部を、オーストリア内に受け入れた ❣



この為、



シーシェパードは、



オーストラリア内に移した本部を拠点にして、



日本の調査捕鯨に対する妨害工作を続けた ❣



ところが、



オーストラリア国内で、サメ被害が増加し、その原因が、「沿岸捕鯨の禁止」にあると解ると、



反捕鯨国であるオーストラリアも、



反捕鯨国であった、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )と、同様に、



捕鯨再開に見解を180度転換した ❣














上記YouTube動画にある通り、IWC(国際捕鯨委員会)には、アフリカ諸国等、捕鯨を行わない国が多数加盟していると報じているが、この事実は、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )が、国際捕鯨委員会で、捕鯨禁止を実現する為に、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )が、国際捕鯨委員会への加盟に必要な加盟料を建て替えて、加盟を強要した国々です。



ところで、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )は、江戸時代には、日本近海で、盛んに捕鯨を繰り返していた。



だが、



当時の捕鯨船は、現代の捕鯨船よりも圧倒的に小さかった。



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )の西海岸の港を出港した、捕鯨船が、日本近海で、盛んに捕鯨を繰り返していた。



この時、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )の西海岸の港を出港した、捕鯨船が、日本近海で、捕鯨を繰り返す中で、食料が無くなるとどうするのか ❓



或は、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )の西海岸の港を出港した、捕鯨船が、日本近海で、捕鯨を繰り返す中で、燃料が無くなるとどうするのか ❓



日本近海には、台風が多い。





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )の西海岸の港を出港した、捕鯨船が、日本近海で、捕鯨を繰り返す中で、台風に遭遇すると、どうするのか ❓



避難港が必要である ❣



だから、





現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )は、日本に開港を求める大統領の親書を携えたペリーを日本に送った ❣





しかも、ペリーは、東海岸にある、ノーフォークを出港して、大西洋を横断して、ヨーロッパに渡り、アフリカ大陸に沿って、南下して南アフリカを廻って、その後、アフリカ大陸を北上し、東南アジア諸国に寄港しながら、上海港で、他の艦船と合流して、日本に来航した。

ペリー来航の詳細をウィキペディアを見よう ❣





下記に転記します。





---転記始め---





出航[編集]







ミシシッピ号

1852年11月24日、58歳のマシュー・カルブレース・ペリー司令長官兼遣日大使を乗せた蒸気フリゲート「ミシシッピ号」は、単艦でノーフォークを出港し、一路アジアへと向かった。ペリーはタカ派の大統領フィルモア(ホイッグ党)から、琉球の占領もやむなしと言われていた。



ミシシッピは大西洋を渡って

 マデイラ島(12月11日 - 15日)

 セントヘレナ島(1853年1月10日・11日)

 南アフリカのケープタウン(1月24日 - 2月3日)

 インド洋のモーリシャス(2月18日 - 28日)、

 セイロン(3月10日 - 15日)、

 マラッカ海峡からシンガポール(3月25日 - 29日)、

 マカオ・香港(4月7日 - 28日)



を経て、上海に5月4日に到着した。この間、各港で石炭補給を行った。香港でプリマス(帆走スループ)およびサプライ(帆走補給艦)と合流、上海で蒸気フリゲートサスケハナと合流した。このとき、すでに大統領は民主党のピアースに代わっていて、彼の下でドッピン海軍長官は侵略目的の武力行使を禁止したが、航海途上のペリーには届いていなかった。



なお、途中マカオにてサミュエル・ウィリアムズを漢文通訳として、上海でアントン・ポートマンをオランダ語通訳として雇用し、日本への航海途中にフィルモア大統領親書の漢文版およびオランダ語版を作成している。



琉球来航[編集]











サスケハナ号

上海でサスケハナに旗艦を移したペリー艦隊は5月17日に出航し、5月26日に琉球王国(薩摩藩影響下にある)の那覇沖に停泊した。ペリーは首里城への訪問を打診したが、琉球王国側はこれを拒否した。しかし、ペリーはこれを無視して、武装した兵員を率いて上陸し、市内を行進しながら首里城まで進軍した。



琉球王国は仕方なく、武具の持込と兵の入城だけは拒否するとして、ペリーは武装解除した士官数名とともに入城した。ペリー一行は北殿で茶と菓子程度でもてなされ、開国を促す大統領親書を手渡した。さらに場所を城外の大美御殿に移し、酒と料理でもてなされた。ペリーは感謝して、返礼に王国高官を「サスケハナ」に招待し、同行のフランス人シェフの料理を振舞った。



しかし、王国が用意したもてなしは、来客への慣例として行ったものに過ぎず、清からの冊封使に対するもてなしよりも下位の料理を出すことで、暗黙の内にペリーへの拒否(親書の返答)を示していた(多くの国が来客に対して使う手法である)。友好的に振舞ったことで武力制圧を免れたものの、琉球王国はこの後もペリーの日本への中継点として活用された。



この当時の記録は琉球側がまとめた『琉球王国評定所文書』に詳細に記されている。



小笠原探検[編集]



ペリーは艦隊の一部を那覇に駐屯させ、自らは6月9日に出航、6月14日から6月18日にかけて、まだ領有のはっきりしない小笠原諸島を探検した。このとき、ペリーは小笠原の領有を宣言したが、即座にイギリスから抗議を受け、ロシア船も抗議のために小笠原近海へ南下したため、宣言はうやむやになった。後に日本は林子平著『三国通覧図説』の記述を根拠として領有を主張し[要出典]、水野忠徳を派遣して八丈島住民などを積極的に移住させることで、イギリスやロシア、アメリカなどの当時の列強諸国に領有権を認めさせることになる。



ペリーは6月23日に一度琉球へ帰還し、再び艦隊の一部を残したまま、7月2日に大統領からの親書を手に3隻を率いて日本へ出航した。



浦賀来航[編集]











サラトガ号









合衆国水師提督口上書(嘉永6年6月8日)

左よりヘンリー・アダムス副使(艦長)、ペリー水師提督、アナン軍使(司令官)

1853年7月8日(嘉永6年6月3日)に浦賀沖に午後5時に現れ、停泊した。日本人が初めて見た艦は、それまで訪れていたロシア海軍やイギリス海軍の帆船とは違うものであった。黒塗りの船体の外輪船は、帆以外に外輪と蒸気機関でも航行し、帆船を1艦ずつ曳航しながら煙突からはもうもうと煙を上げていた。その様子から、日本人は「黒船」と呼んだ。



浦賀沖に投錨した艦隊は旗艦「サスケハナ」(蒸気外輪フリゲート)、「ミシシッピ」(同)、「サラトガ」(帆走スループ)、「プリマス」(USS Plymouth 同)の4隻からなっていた。大砲は計73門あり、日本側からの襲撃を恐れ臨戦態勢をとっていた。



浦賀奉行戸田氏栄は米艦隊旗艦サスケハナ(司令長官旗を掲げていたので識別可能であった)に対してまず浦賀奉行所与力の中島三郎助を派遣し、ペリーの渡航が将軍にアメリカ合衆国大統領親書を渡すことが目的であることを把握した。サスケハナに乗艦するために中島は「副奉行」と詐称したが、ペリー側は幕府側の階級が低過ぎるとして親書を預けることを拒否した。続いて翌7月9日(嘉永6年6月4日)浦賀奉行所与力香山栄左衛門が浦賀奉行と称して訪ね、ブキャナン艦長とアダムス参謀長およびペリーの副官のコンティーと会見した。が対応は変わらず、親書は最高位の役人にしか渡さないとはねつけられた。香山は上司と相談するために4日の猶予をくれるように頼んだが、ペリーは3日なら待とうと答え、さらに「親書を受け取れるような高い身分の役人を派遣しなければ、江戸湾を北上して、兵を率いて上陸し、将軍に直接手渡しすることになる」と脅しをかけた。



同日、ペリーは艦隊所属の各艦から一隻ずつの武装した短艇を派遣して、浦賀湊内を測量させた。この測量は幕府側に威圧を加えるという効果をもたらした。浦賀奉行は、当然ながら抗議した。その回答は、鎖国体制下の不平等な国際関係を排除するという考えであり、日本に対して不平等な国際関を強いようとする考えが含まれていた[22]。7月11日(嘉永6年6月6日)早朝から測量艇隊は江戸湾内に20キロメートル程侵入した。その護衛にミシシッピ号が付いていた。その行動の裏には、ペリーの「強力な軍艦で江戸に接近する態度を示せば、日本政府(幕府)の目を覚まさせ、米国にとってより都合の良い返答を与えるであろう」との期待があった。この行動に幕府は大きな衝撃を受け、7月12日(嘉永6年6月7日)「姑く耐認し枉げて其意に任せ、速やかに退帆せしめ後事をなさん」との見地から国書を受領し、返事は長崎オランダ商館長を通じて伝達するよう、浦賀奉行井戸弘道に訓令し、対応に当たらせた[23]。



この時第12代将軍徳川家慶は病床に伏せていて、国家の重大事を決定できる状態には無かった。老中首座阿部正弘は、7月11日(嘉永6年6月6日)に「国書を受け取るぐらいは仕方ないだろう」との結論に至り、7月14日(嘉永6年6月9日)にペリー一行の久里浜上陸を許し、下曽根信敦率いる幕府直轄部隊に加え、陸上を川越藩と彦根藩、海上を会津藩と忍藩が警備する中、浦賀奉行の戸田氏栄と井戸弘道がペリーと会見した。



ペリーは彼等に開国を促す大統領フィルモアの親書[† 4][24]、提督の信任状、覚書などを手渡したが、幕府は「将軍が病気であって決定できない」として、返答に1年の猶予を要求したため、ペリーは「返事を聞くために1年後に再来航する」と告げた。ここでは文書の受け渡しのみで何ら外交上の交渉は行われなかった。日本側の全権である浦賀奉行の戸田と井戸の二人は一言も発しなかった。



日本側は、会見終了して2、3日したら退去するものと考えていたが、ペリーは7月15日(嘉永6年6月10日)ミシシッピー号に移乗し浦賀より20マイル北上して江戸の港を明瞭に望見できるところまで進み、将軍に充分な威嚇を示してから小柴沖に引き返した。



艦隊は7月17日(嘉永6年6月12日)に江戸を離れ、琉球に残した艦隊に合流してイギリスの植民地である香港へ帰った。 ペリーは本国政府訓令の精神を貫徹することに成功した[25]。



アメリカ艦隊は、アメリカ独立記念日の祝砲や、号令や合図を目的として、湾内で数十発の空砲を発射した。この件は事前に日本側に通告があったため、町民にその旨のお触れも出てはいたのだが[26]、最初の砲撃によって江戸は大混乱となったが、やがて空砲だとわかると、町民は砲撃音が響くたびに、花火の感覚で喜んだと伝えられる。



来航翌日には浦賀は見物人が集まり始め、翌々日には江戸からも見物客が殺到した。佐久間象山や吉田松陰も見物に赴いている。勝手に小船で近くまで繰り出し、上船して接触を試みるものもあったが、幕府から武士や町人に対して、「十分に警戒するよう」にとのお触れが出ると、実弾砲撃の噂とともに、次第に不安が広がるようになった。このときの様子をして「泰平の眠りを覚ます上喜撰たつた四杯で夜も眠れず」という狂歌が詠まれた。上喜撰とは緑茶の銘柄である「喜撰」の上物という意味であり、「上喜撰の茶を四杯飲んだだけだが(カフェインの作用により)夜眠れなくなる」という表向きの意味と、「わずか四杯(ときに船を1杯、2杯とも数える)の異国からの蒸気船(上喜撰)のために国内が騒乱し夜も眠れないでいる」という意味をかけて揶揄している[† 5]。



---転記終わり---

   ・転記元は「黒船来航-Wikipedia」(ここ をクリック 👀 )








上記に転記の通り、日本に開港を求めて来航した、ペリーは、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )の、東海岸にある、ノーフォークを出港して、大西洋を横断して、ヨーロッパに渡り、アフリカ大陸に沿って、南下して南アフリカを廻って、その後、アフリカ大陸を北上し、東南アジア諸国に寄港しながら、上海港で、他の艦船と合流して、日本に来航した。



ペリーは、更に、一年後に、浦賀に現れた。





この様な大航海を行って、二度も浦賀に現れたペリーの目的は、捕鯨の為である。



これ程、当時の



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )にとって、捕鯨は重要であった。



そして、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )は、捕鯨により捕獲したクジラから鯨油を採取するだけで、肉は捨てていた 😠



この様な、現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )に拠る、日本近海のクジラの乱獲に拠り、日本近海のクジラ資源は激減した ❣



これに対して、



国際捕鯨委員会の反捕鯨国が、日本に拠る、南氷洋での捕鯨を批判するのであれば、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )が、江戸時代に行った、日本近海のクジラの乱獲を、糾弾すべし ❣





これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )は、



現在の地球温暖化問題の元凶国として負うべき義務を棚上げにして、世界中が合意したパリ協定からの離脱を宣言しただけでなく、



21世紀に於いても、



シェールオイル 、シェールガス を採掘して



更に大気中に二酸化炭素をばら撒き続ける権利が認められる



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、



新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )が、



フェアと納得できる程



アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた



内容の条約の締結を目指す ❣



と、ほざいた ❣



これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、現在の地球温暖化問題の元凶国 である、



新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )を



パリ協定から、排除しなければ、



地球温暖化問題の解決は永久に叶うことが無い ❣





パリ協定の加盟国は、これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、



新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )を



永久に、パリ協定から排除すべし ❣





地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)の特許出願を妨害し続ける、犯罪者 佃和夫を、



刑務所にブチ込んで、



永久に、刑務所に閉じ込めるべし ❣



天罰から逃れる術は無い ❣








アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA )にも、



天罰が下った ❣















木材・石炭・シェールガス 文明史が語るエネルギーの未来 (PHP新書) [ 石井彰 ] - 楽天ブックス
木材・石炭・シェールガス 文明史が語るエネルギーの未来 (PHP新書) [ 石井彰 ] - 楽天ブックス




シェールガス革命“第二の衝撃” 危機に陥る日本の化学産業 (B&Tブックス) [ 室井高城 ] - 楽天ブックス
シェールガス革命“第二の衝撃” 危機に陥る日本の化学産業 (B&Tブックス) [ 室井高城 ] - 楽天ブックス




シェールガス革命が日本に突きつける脅威 (B&Tブックス) [ 野神隆之 ] - 楽天ブックス
シェールガス革命が日本に突きつける脅威 (B&Tブックス) [ 野神隆之 ] - 楽天ブックス




シェールガス革命が日本に突きつける脅威 (B&Tブックス) [ 野神隆之 ] - 楽天ブックス
シェールガス革命が日本に突きつける脅威 (B&Tブックス) [ 野神隆之 ] - 楽天ブックス




温暖化の今・未来 (やさしく解説 地球温暖化) [ 保坂 直紀 ] - 楽天ブックス
温暖化の今・未来 (やさしく解説 地球温暖化) [ 保坂 直紀 ] - 楽天ブックス




温暖化はとめられる? (やさしく解説 地球温暖化) [ 保坂 直紀 ] - 楽天ブックス
温暖化はとめられる? (やさしく解説 地球温暖化) [ 保坂 直紀 ] - 楽天ブックス




温暖化、どうしておきる? (やさしく解説 地球温暖化) [ 保坂 直紀 ] - 楽天ブックス
温暖化、どうしておきる? (やさしく解説 地球温暖化) [ 保坂 直紀 ] - 楽天ブックス




〈新〉地球温暖化とその影響 生命の星と人類の明日のために (ポピュラー・サイエンス) [ 内嶋善兵衛 ] - 楽天ブックス
〈新〉地球温暖化とその影響 生命の星と人類の明日のために (ポピュラー・サイエンス) [ 内嶋善兵衛 ] - 楽天ブックス




「イスラム国」はテロの元凶ではない グローバル・ジハードという幻想 (集英社新書) [ 川上 泰徳 ] - 楽天ブックス
「イスラム国」はテロの元凶ではない グローバル・ジハードという幻想 (集英社新書) [ 川上 泰徳 ] - 楽天ブックス




環境立国日本を目指す パリ協定の実現に向けて [ くらしのリサーチセンター ] - 楽天ブックス
環境立国日本を目指す パリ協定の実現に向けて [ くらしのリサーチセンター ] - 楽天ブックス




不当逮捕 本田靖春全作品集【電子書籍】[ 本田靖春 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
不当逮捕 本田靖春全作品集【電子書籍】[ 本田靖春 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア




冤罪はこうして作られる (講談社現代新書) [ 小田中聡樹 ] - 楽天ブックス
冤罪はこうして作られる (講談社現代新書) [ 小田中聡樹 ] - 楽天ブックス




冤罪初心者 民間科学捜査員・桐野真衣【電子書籍】[ 秦建日子 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
冤罪初心者 民間科学捜査員・桐野真衣【電子書籍】[ 秦建日子 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア




ゴースト ニューヨークの幻 スペシャル・エディション [ パトリック・スウェイジ ] - 楽天ブックス
ゴースト ニューヨークの幻 スペシャル・エディション [ パトリック・スウェイジ ] - 楽天ブックス




Gゼロ時代のエネルギー地政学 シェール革命と米国の新秩序構想 [ 福富満久 ] - 楽天ブックス
Gゼロ時代のエネルギー地政学 シェール革命と米国の新秩序構想 [ 福富満久 ] - 楽天ブックス








楽天市場の商品は、海外からでも購入可能です 🎶




海外への商品の発送についての詳細は、ここ をクリック 👀



posted by 塞翁が馬 at 18:55| Comment(0) | 誰も知らないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください