2020年05月30日

ジコチュウ国家のトランプのジョーカの、「ジコチュウなクレーム」について ❣ ❣





アメ車はなぜ売れないのか。壊れやすい?燃費が悪い?そんなことはない!(転記記事) は ここ をクリック 👀











上記の(転記記事)を見ると、






現在の、アメ車は、燃費は悪くは無いらしい。






でも、






現在の アメ車の燃費は悪くない。






と言うが、






昔のアメ車の燃費が悪かったことは事実であり、






この為、






「アメ車の燃費が悪い。」が、






常識となった 💢






従って、






現在でも、






アメ車の燃費は悪いと言う、評判が続いている事実は、






昔、燃費が悪い、車を作り続けていた






アメリカの自動車メーカの責任である。






つまり、






「アメ車の燃費が悪い。」と言う、常識を作り上げた、






アメリカの自動車メーカの責任である 💢






言い換えれば、






自己責任だ 💢











この事実に目を向けず、






日本に、






「アメ車を買え ❣ 」と、強要することは、






押し売りだ ❣
















日本で、






アメ車が、売れない事は、






アメリカの自動車メーカの責任である 💢






言い換えれば、






自己責任だ ❣











それにもかかわらず、






消費者である、日本に対して、






アメ車の購入を強要するトランプ大統領の行為






押し売りだ 💢
















現在の地球温暖化問題の元凶国である、






ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) は、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、






ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、






大気中にバラまき続けた二酸化炭素を削減した上で、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、






ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、






削減した二酸化炭素を、






地中に戻すべし ❣






上記に記載の義務を、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、






ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) に課すことを定めた国際条約こそが、






アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた

 

現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の トランプ の ジョーカー が、






主張した、フェアな国際条約だ ❣






パリ協定の内容は、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、






ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) だけに、






利益があるモノで、






現在の地球温暖化問題には、全く責任が無い






開発途上国には、






全く利益が無い ❣






アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) に、満ち満ちた内容の、国際条約である ❣






だが、






現在の地球温暖化問題には、全く責任が無い






開発途上国も、






現在の地球温暖化問題の、深刻さを慮って(おもんばかって)、






現在の地球温暖化問題には、全く責任が無い






開発途上国も、






パリ協定に合意したにも拘らず






アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた

 

現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の トランプ の ジョーカー は、






パリ協定の内容は、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、






ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、






フェアと思うことが出来るモノでは無いので、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、






ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、負うべき義務を棚上げにして、






現在の地球温暖化問題には、全く責任が無い






開発途上国も、含めた、






世界中の国々が、合意した






パリ協定からの離脱を宣言しただけでなく、






21世紀に 


シェールオイル 、シェールガス を採掘して




更に 大気中に二酸化炭素をばら撒き続ける権利が認められる


ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、




フェアと思うことが出来る程 




アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、新たな国際条約の締結を目指す ❣






と、ほざいた ❣











これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、




現在の地球温暖化問題の元凶国である






ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) は、




永久に、パリ協定から追放すべし ❣






否 ❣






これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、




現在の地球温暖化問題の元凶国である






ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) は、




永久に、国際社会から追放すべし ❣











これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた




現在の地球温暖化問題の元凶国である






ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) には、






これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた




現在の地球温暖化問題の元凶国である






ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、






20世紀中に






大気中にバラまき続けた二酸化炭素を、






地中に戻す義務を課すべし ❣






この義務を、






現在の地球温暖化問題の元凶国である






ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) に、課すことを定めた、






新たな国際条約こそが、






アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた

 

現在の地球温暖化問題の元凶国 である、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の トランプ の ジョーカー が、






主張した






フェアな国際条約だ ❣






アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、






新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の トランプ の ジョーカー が、






締結を目指すと、主張した






フェアな国際条約だから、






アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた

 

現在の地球温暖化問題の元凶国 である、






新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の トランプ の ジョーカー には、






この条約の締結を、






拒否できない ❣






アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた

 

現在の地球温暖化問題の元凶国 である、






新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の トランプ の ジョーカー の、再選を決めて、






アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた

 

現在の地球温暖化問題の元凶国 である、






新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の トランプ の ジョーカー は、






この、新たな条約の締結を、






締結すべし ❣






この為に、






アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた

 

現在の地球温暖化問題の元凶国 である、






新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の国民は






アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた

 

現在の地球温暖化問題の元凶国 である、






新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の トランプ の ジョーカー を、再選すべし 💢






そして、






アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた

 

現在の地球温暖化問題の元凶国 である、






新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )が、






20世紀中に、






大気中にバラまき続けた二酸化炭素を削減した上、






削減した、二酸化炭素を






地中に戻す義務を果たすべし ❣






そして、






地球温暖化問題は解決する ❣






めでたしめでたし ❣


























posted by 塞翁が馬 at 19:43| Comment(0) | いいもの見つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「全米ライフル協会とは」から始まるお話 ❣ ❣





全米ライフル協会とは は ここ をクリック 👀






上記にリンクを貼った記事にある通り、




現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) では、




「自分の身は自分で守る権利があるので、






銃を所持する権利があるとほざく 😠






銃を所持する権利があるとほざく 😠






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) の輩どもには、






砂漠に住む義務を課すべし 😠











上記 YouTube動画にある通り、






権利には義務が伴う ❣






権利と義務は、






コインの裏と表の様に






1セットだ ❣






権利だけを要求して、義務は果たさない ❣






この様に、アンフェア-・スピリット・オーソリティ ( USA ) に満ち満ちた、要求は、認められる訳が無い ❣













砂漠に住む






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) の輩どもは、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) の警察が、守ることができないので、






銃を所持して






自分の身は自分で守る権利を、






行使すればイイ 💡






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) の輩どもは、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、負うべき義務を棚上げにして、






現在の地球温暖化問題には、全く責任が無い、開発途上国を含めた、世界中の国々が、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、負うべき義務を分担することを定めた、パリ協定の内容は、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、






フェアと思うことが出来るモノでは無いので、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、負うべき義務を棚上げにして、






現在の地球温暖化問題には、全く責任が無い、開発途上国を含めた、世界中の国々が、合意した、




パリ協定から離脱して、






ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、負うべき義務を分担することを定めた、新たな国際条約を結ぶ ❣




と、世界樹に向けて、公約した ❣











新たな国際条約とは、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) に、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、負うべき義務を課すことを定めた、国際条約のことだ ❣




即ち、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、






20世紀中に、






大気中にバラまき続けた、二酸化炭素を削減して






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) が、






削減した、二酸化炭素を






地中に戻す義務を課すことを定めた、国際条約のことだ ❣






上記の義務を、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー ( USA ) に課すことを定めた、新たな国際条約こそが、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー (USA) のトランプ の ジョーカー が、




国際公約を宣言した、






フェアな、国際条約だ ❣






ローマ教皇から破門された









現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー (USA) のトランプ の ジョーカー に、




二期目を与えた瞬間に、




ローマ教皇から破門された、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー (USA) のトランプ の ジョーカー に、




二期目を与えた、






現在の地球温暖化問題の元凶国である




ジコチュー国家、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー (USA) 国民どもすべてが、






ローマ教皇から破門される ❣











マ ❣






クリスマスキャロルのスクルージそのものの、




現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー (USA) のトランプ の ジョーカー は、






クリスマスが、大嫌いな






異教徒だから






ローマ教皇から破門されても、平気なのだろうし、






ローマ教皇から破門された、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー (USA) のトランプ の ジョーカー に、




二期目を与えた、






現在の地球温暖化問題の元凶国である




ジコチュー国家、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー (USA) 国民どもすべてが、






異教徒だから






ローマ教皇から破門されても、




平気に、決まっているのだネ ❣






だから、






ローマ教皇から破門された、






現在の地球温暖化問題の元凶国である、




ジコチュー国家、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー (USA) のトランプ の ジョーカー に、




二期目を与えて、






現在の地球温暖化問題の元凶国である




ジコチュー国家、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー (USA) 国民どもすべてが、






ローマ教皇から破門されることを選択する ❣













[世界中で大人気!来日したローマ教皇] 日めくり まいにち、教皇フランシスコ あなたを支える31の言葉 (19y12m)[次回使えるクーポンプレゼント] - テニスショップ アミュゼ
[世界中で大人気!来日したローマ教皇] 日めくり まいにち、教皇フランシスコ あなたを支える31の言葉 (19y12m)[次回使えるクーポンプレゼント] - テニスショップ アミュゼ






HAED 手芸 クロスステッチ刺しゅう図案 【ローマ教皇ヨハネパウロ2世】 Pope Saint John Paul II - クロスステッチ手芸雑貨シーボンヌ
HAED 手芸 クロスステッチ刺しゅう図案 【ローマ教皇ヨハネパウロ2世】 Pope Saint John Paul II - クロスステッチ手芸雑貨シーボンヌ






グレゴリオ聖歌 教会堂開基祭のミサ/聖母被昇天の祝日ミサ [ ミュンスターシュヴァルツァハ修道院聖歌隊 ] - 楽天ブックス
グレゴリオ聖歌 教会堂開基祭のミサ/聖母被昇天の祝日ミサ [ ミュンスターシュヴァルツァハ修道院聖歌隊 ] - 楽天ブックス






楽天市場の商品は、海外からでも購入可能です 🎶




海外への商品の発送についての詳細は ここ をクリック 👀



posted by 塞翁が馬 at 11:38| Comment(0) | 誰も知らないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

東日本大震災に伴い、発生した、東京電力の福島原発事故についての考察 ❣ ❣





東日本大震災に伴い、発生した、東京電力 福島原発事故の為に、非難した人々の、帰宅事業が、難航しているらしい 😠









東京電力の原発を、




東京電力の電気供給地域外である、福島県に建設していた ❣







このことが、




間違いの始まりでしょう ❣






東日本大震災に伴い、原発事故を起こした、東京電力 福島原発の近くには、




東北電力の原発(女川原子力発電所)もあるらしい。







でも、




東北電力の原発(女川原子力発電所)では、




事故は起きませんでした ❣






その理由は、




東北電力の原発女川原子力発電所)が、




東北電力の電気供給地域内に建設されていた為 ❣




東北電力の原発女川原子力発電所)が、事故を起こすと、




東北電力の電気供給地域内では、




大規模な被害が起きることが、予想されたので、




東北電力の原発女川原子力発電所)の設計時に、




津波が起きた際に、




東北電力の原発女川原子力発電所)が、




津波が原因で、大事故が起きると、




東北電力の電気供給地域内で、




大混乱が起きることは、明らかであった ❣






この為、




東北電力の原発女川原子力発電所)では、




津波が発生した場合でも、




津波に拠り、




東北電力の原発女川原子力発電所)が、




大規模災害を起こすことが無いように、




入念に、




津波対策を実施した ❣






この様に、




東北電力の原発女川原子力発電所)は、




東北電力の電気供給地域内に、建設した為、




東北電力の職員には、




東北電力の原発女川原子力発電所)に 対する、当事者意識が強かった ❣




これに対して、




東京電力では、




東京電力の原発を、




東京電力の電気供給地域外である、福島県に建設した為、




東京電力の職員には、




東京電力の原発である、福島原発に対する、当事者意識が弱かった ❣







この結果、




東京電力の原発である、福島原発では、




津波を原因とする、大事故が起きたが、




東京電力の原発である、福島原発の、近くに建設している、




東北電力女川原子力発電所では、




事故は起きなかった ❣




同様に、






現在の地球温暖化問題の元凶国 である、



新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )には、



現在の地球温暖化問題に対する、当事者意識が無い ❣




だから、




現在の地球温暖化問題の元凶国 であるにも拘らず、



他人事と考えて




現在の地球温暖化問題の元凶国 として、負うべき義務を棚上げにして



現在の地球温暖化問題 には、




全く責任が無い、開発途上国を含めた




世界中の国々が、




平等に、責任を分担することを定めた、パリ協定の内容は、




現在の地球温暖化問題の元凶国 である、



新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )が、



フェアと思うことができる内容では無い ので、




現在の地球温暖化問題の元凶国 として、負うべき義務を棚上げにして



現在の地球温暖化問題 には、




全く責任が無い、開発途上国を含めた




世界中の国々が、




平等に、責任を分担することを定めたパリ協定から離脱して






21世紀に於いても、



シェールオイル 、 シェールガス を産出して、



大気中に二酸化炭素をバラ撒き続ける



現在の地球温暖化問題の元凶国である



新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )が、



フェアと思うことが出来る程




アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )に、満ち満ちた、新たな国際条約の締結を目指す。




と、ほざいた ❣




これ程、アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )に、満ち満ちた、




現在の地球温暖化問題の元凶国である




新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )を、




パリ協定に、存続させ続けることは、




地球温暖化問題の解決を、諦めることに他ならない ❣




だが、幸いにも、




現在の地球温暖化問題の元凶国 である、




新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の 大統領に就任した、




トランプ の ジョーカー が、




パリ協定からの離脱を宣言したのだから、




パリ協定の加盟国は、




現在の地球温暖化問題の元凶国 である、




新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の パリ協定からの離脱を承認すべし 💡




更に、




パリ協定の規約に、




① パリ協定からの離脱を宣言した国については、




  パリ協定への復帰を認めない。




② パリ協定からの離脱を宣言した国に係わる、




  如何なる、地方公共団体、NGO、




  パリ協定からの離脱を宣言した国に係わる、




  如何なる、企業、個人についても、




  パリ協定への参加を認めない。




と、言う条項を新設して、




現在の地球温暖化問題の元凶国 である、




新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )を パリ協定から、




永久に、排除すべし 💡






否 ❣




現在の地球温暖化問題の元凶国 である、




新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )を 国際社会から、




永久に、排除すべし 💡






この様にして、




現在の地球温暖化問題の元凶国 である、




新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )を 国際社会から、




永久に、排除しなければ、






地球温暖化問題を解決すること出来ない 💡






だが、




人類は、




地球温暖化問題を解決する 絶好のチャンスを得た 💡






パリ協定の加盟国は、






現在の地球温暖化問題の元凶国 である、




新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の 大統領に就任した、




トランプ の ジョーカー に、






現在の地球温暖化問題の元凶国 である、




新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )が、




20世紀中に、




大気中にバラ撒き続けた、二酸化炭素を削減するだけでなく、




現在の地球温暖化問題の元凶国 である、




新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )が、




削減した、二酸化炭素を




安定的に、地中に固定化する、義務を課す ❣






上記の義務を課すことを定めた、新たな国際条約こそが、






現在の地球温暖化問題の元凶国 である、




新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の 大統領に就任した、




トランプ の ジョーカー が、




世界中に公約した、新たな国際条約の内容だ ❣




<だから、/p>


パリ協定の加盟国は、




現在の地球温暖化問題の元凶国 である、




新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )の パリ協定からの離脱を承認した上で、




更に、




パリ協定の規約に、




① パリ協定からの離脱を宣言した国については、




  パリ協定への復帰を認めない。




② パリ協定からの離脱を宣言した国に係わる、




  如何なる、地方公共団体、NGO、




  パリ協定からの離脱を宣言した国に係わる、




  如何なる、企業、個人についても、




  パリ協定への参加を認めない。




と、言う条項を新設して、




現在の地球温暖化問題の元凶国 である、




新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )を パリ協定から、




永久に、排除する 💡






否 ❣




現在の地球温暖化問題の元凶国 である、




新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー( USA )を 国際社会から、




永久に、排除する 💡






続いて、




地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明の特許出願と、




地球温暖化問題の解決策大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明の実用化を、




妨害し続ける、




伊藤寄生虫飼育商事を、







破たんさせるべし ❣









この様に、




犯罪者には、




必ず、天罰が下る ❣







天罰から逃れる術は無い ❣









東日本大震災に伴い、発生した、東京電力 福島原発事故の為に、非難した人々の、帰宅事業が、難航しているらしい 😠




その理由は、




東日本大震災に伴い、発生した、東京電力 福島原発事故の為に、非難した人々が、自宅に戻っても




自宅で暮らしてゆく術が無いからだ ❣




この為、




東日本大震災に伴い、発生した、東京電力 福島原発事故の為に、非難した人々は、




帰宅事業に、応じることが無い ❣




この状況を打開する方法は、




東日本大震災に伴い、発生した、東京電力 福島原発事故の為に、非難した人々が、




帰還事業に拠り、自宅に戻った時、




自宅での働き口を確保すること ❣




東日本大震災に伴い、発生した、東京電力 福島原発事故の為に、非難した人々は、




東京電力 福島原発事故の前には、




農業や漁業で、生計を立てていた。




だから、




東日本大震災に伴い、発生した、東京電力 福島原発事故の為に、非難した人々が、




帰還事業に拠り、自宅に戻った時、




農業や漁業で、生計を立てることができる環境を整える ❣




これが、重要だ ❣




だが、




東日本大震災に伴い、発生した、東京電力 福島原発事故の為に、福島の農地や海は、放射能に汚染されており、




東日本大震災に伴い、発生した、東京電力 福島原発事故の為に、非難した人々が、




帰還事業に拠り、自宅に戻った時、




昔のように、農業や漁業で、生計を立てることは、不可能だ ❣




そこで、




東日本大震災に伴い、発生した、東京電力 福島原発事故の為に、放射能に汚染された、




福島の農地や海を、使わない、農業や漁業を考える必要がある ❣




それが、




好適環境水を利用する、農漁民 ❣


















岡山理科大学の先生が提唱する「農漁民」のお話 ❣ Vol.1 は ここ をクリック 👀






岡山理科大学の先生が提唱する「農漁民」のお話 ❣ Vol.2 は ここ をクリック 👀






好適環境水を利用して、水槽で、淡水魚と海水魚の養殖を続けると、




水槽の水が、富栄養化する ❣




富栄養化した水を利用して、




水耕栽培する ❣




塩分を含む水では、植物は塩害を受けるので、




植物は育たないはずだが、




好適環境水は、淡水魚を育てることができるのだから、




好適環境水の塩分であれば、




水耕栽培は、可能であると、推測できる ❣







好適環境水中の栄養分は、




水耕栽培する植物の生育の為に、消費される。




この様にして、




好適環境水中の養分が取り除かれるので、




再び、海水魚と淡水魚の飼育に利用する。




この循環を繰り返すと、




長期間、




淡水魚と海水魚の養殖並びに、水耕栽培意を続けることができる。




即ち、






東日本大震災に伴い、発生した、東京電力 福島原発事故の為に、放射能に汚染された、




福島の農地や海を、使わない、農業や漁業を実現できる ❣


























楽天市場の商品は、海外からでも購入可能です 🎶




海外への商品の発送についての詳細は ここ をクリック 👀



posted by 塞翁が馬 at 18:34| Comment(0) | いいもの見つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする