2019年06月30日

「 驚異的な識字率を誇っている国が日本なのです ❣ 」から始まるお話 ❣





江戸時代が終わり、日本は、西欧に扉を開いた 💢




この時、西欧列強は、日本人の驚異的な識字率の高さに驚愕した 💢






時代劇を見ていても、



街にお触れを出す時には、通りに、立て看板を出すだけです 💢








支配者階級であった、武士だけでなく、



町民である、商家の子供も、職人の子供、農家の子供に至るまで、街中の人間が、お触れを読むことが出来た 💢






また、



時代劇でよく見る、かわら版が、飛ぶように売れた理由も、



街中の人間が、かわら版を読むことが出来たからです 💢






かわら版とは、現代で言えば新聞に相当するモノです 💢



そして、



かわら版のことを、「読売」とも言いました。



ですから、



江戸時代の かわら版とは、現代で言うなら 新聞です 💢



この事実から、読売新聞と名乗る新聞社が誕生したのでした 💢











上記 YouTube動画[ 海外の反応 驚愕!米国・ハリスも驚いた江戸時代の古き良き日本にびっくり仰天【いいね日本CH】 ]の1:20頃で、描かれている通り、







人々はいずれも、さっぱりとした



良い身なりをし、栄養も



良さそうだった。







江戸時代の江戸は、当時の世界最大の人口を誇る都市でした。



それにも拘らず、



栄養も良さそうだった。



のは、



何故でしょうか ❓



その理由は、食料の増産に成功していた為です ❣





当時の江戸の庶民は、長屋に住んでいました ❣



そして、



長屋のトイレは、ポッチャントイレと呼ばれる、汲み取り式トイレです ❣






そして、



長屋のオーナーである、大家は、長屋のトイレの汚物を農家に売っていたのです ❣













上記 YouTube動画[ Dr.Akikoの江戸っ子栄養学  第三話「長屋の公衆衛生とトイレ」 ]の2:00頃で、描かれている通り、







汲み取り式トイレの汚物は、



金を払って取っていった ❣



その心は ❓



汲み取り式トイレの汚物を、



肥しとして使っていたからです ❣



今でも、



ホームセンターに行くと、



牛肥や鶏肥を売っています ❣



















































































楽天市場の商品は、海外からでも購入可能です 🎶




海外への商品の発送についての詳細は、ここ をクリック 👀



posted by 塞翁が馬 at 18:54| Comment(0) | 誰も知らないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

曲がる食器 「能作 ❣ 」







































































楽天市場の商品は、海外からでも購入可能です 🎶




海外への商品の発送についての詳細は ここ をクリック 👀



ラベル:曲がる食器 能作
posted by 塞翁が馬 at 17:53| Comment(0) | いいもの見つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

大阪サミットで、日本に甘える、新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティー(USA) ❣





大阪サミットが始まった 💡








技術力に劣る、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) の トランプ のジョーカー は、



ド厚かましくも、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) が、負うべき義務を棚上げにして、



現在の地球温暖化問題には、無関係の、開発途上国を含む、地球上の全ての国が合意した、



パリ協定からの離脱を宣言した 💡
















上記 YouTube動画 「 教材 フォード・システム 」にある通り、



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) のフォードが、流れ作業を発明して、



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) に於いて、



自動車の大量生産が始まった 💡




また、



発明家であると同時に、起業家でもあった、フォードは、



自動車メーカー フォードの社員に高給を支払った 💡





これに拠り、



自動車メーカー フォードの社員が、



自動車メーカー フォードの顧客になった 💡





こうして、



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) で、



自動車の大量生産と、



自動車の大量消費始まった 💡





更に、



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) で、



油田が発見されたことから、



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) では、



ガソリンが安価で手に入った 💡





この様な背景から、



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) で生産する自動車は、



バカでかく、燃費が悪かった 💡






この結果、



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) では、



自動車の排気ガスに拠る、大気汚染酷くなり



世界初の自動車排気ガス規制法案である、マスキー法施行されることになった 💡





このマスキー法を世界で初めて突破したのは、本田技研工業株式会社が開発したCVCCエンジンであった 💡








日本の自動車メーカーは、本田CVCCエンジンをヒントにして、各社各様の低公害エンジンを開発した 💡





だが、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) の、自動車メーカは、低公害エンジンを開発できず



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) の、自動車メーカは、



日本の自動車メーカが開発した技術に頼るだけであった 💡





上記の通り、



技術力に劣る、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) は、



日本に頼る以外に、生き残ろ道は無いにも拘らず、



世界一の技術力を誇る、日本に対して、デカイ面を続ける 💡









上記に記載の通り、



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) は、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である 💡





だから、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である 💡



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) には、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である 💡



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) が、



20世紀中に大気中にバラ撒き続けた二酸化炭素を削減して、地中に固定化する義務がある 💡



だが、



稚拙な科学技術力しか持たぬ、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である 💡



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) が、



20世紀中に大気中にバラ撒き続けた二酸化炭素を削減して、地中に固定化する義務を果たすことなど出来る訳が無いので、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である 💡



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) が、



20世紀中に大気中にバラ撒き続けた二酸化炭素を削減して、地中に固定化する義務を棚上げにして、



パリ協定に合意した 💡








ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) の新大統領に就任した、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である、



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) の トランプ のジョーカー は、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である 💡



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) が、



20世紀中に大気中にバラ撒き続けた二酸化炭素を削減して、地中に固定化する義務を棚上げにして、世界中が合意した、パリ協定からの離脱を宣言しただけでなく、



21世紀に於いても、



 シェールオイル 、シェールガス を産出して、




大気中に二酸化炭素をバラ撒き続けることが認められる、新たな国際条約の締結を目指す 💡



と、ほざく 💡






これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である 💡



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) が、



パリ協定からの離脱を宣言したのだから、



パリ協定の加盟国は、



これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である 💡



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) の、



パリ協定からの離脱を承認した上で、



パリ協定に、



「パリ協定からの離脱を宣言した国については、



パリ協定への再加盟を認めず、



パリ協定からの離脱を宣言した国に係わる、如何なる組織、



パリ協定からの離脱を宣言した国に係わる、如何なる地方公共団体、



パリ協定からの離脱を宣言した国に係わる、如何なる個人についても、



パリ協定への加盟を認めない」



と、言う規約を新設して、



これ程、アンフェア・スピリット・オーソリティに満ち満ちた、



現在の地球温暖化問題の元凶国 である 💡



ジコチュー国家新興国アンフェア-・スピリット・オーソリティーUSA ) を、



永久に、パリ協定から、追放すべし 💡






















[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

精神論抜きの地球温暖化対策 パリ協定とその後
価格:1944円(税込、送料別) (2019/6/28時点)













[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆月刊ニュースがわかる / 2019年7月号
価格:450円(税込、送料別) (2019/6/28時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆イングリッシュジャーナル / 2019年7月号
価格:1512円(税込、送料別) (2019/6/28時点)









楽天市場の商品は、海外からでも購入可能です 🎶




海外への商品の発送についての詳細は、ここ をクリック 👀



posted by 塞翁が馬 at 22:57| Comment(0) | 誰も知らないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする